貸金業者のおまとめローンの審査傾向

6月 14th, 2013

貸金業者のおまとめローンの審査傾向は、通常のカードローン、フリーローンよりも厳しいと考えて間違えありません。

貸金業者である消費者金融業者の審査傾向は、元々他融資機関よりも柔軟です。

しかし、おまとめローンの利用に際しては、限度額が比較的大きくなる事もありますし融資は無担保、無保証の融資商品となるため、通常の融資よりも審査は厳しくなります。
ただ、民間の融資機関や他融資会社と比較する場合、やはり消費者金融業者のおまとめローンに伴う審査は柔軟傾向と言えます。
ですが、それに伴いおまとめローン条件は他融資機関よりも悪いという事になります。

条件が悪いというのは語弊がありますが、他融資機関と貸金業者の融資に伴う金利等を比較して頂ければ分かりますが、貸金業者である消費者金融業者の融資金利は他融資機関より高めです。

その分、ローンを利用する利息が高い事になります。

利息が高ければ当然、返済する総額も増えることになりますので、やはり他融資機関よりも商品に伴う条件が悪いと考えられます。
ですから、おまとめローンを利用する場合は、返済する総額や金利の部分もよく考えて、おまとめローンをどこで借りるかを検討する事が大切です。

ただ、やはり複数の借金をまとめたいという場合、審査に自信の無い方が多い。

なお且つ、そのローンは通常の融資商品よりも審査が厳しく、銀行融資の場合は尚更慎重な審査で中々借りる事が出来ない。

そうなるとどうしてもおまとめローンを利用出来る業者を考えれば、貸金業者となりますので、審査に自信がないかたは無駄に申込みをしないためにも各融資機関の審査傾向を下調べしてから申込みをされる事も大切だと思います。
貸金業者(消費者金融業者)のおまとめローンに伴う審査は確かに他融資機関よりは柔軟傾向ですが、消費者金融業者でもおまとめローンはまとまった融資となるため通常審査より厳しく、返済能力が十分でない場合や過去に延滞トラブルがある場合は、融資が難しくなります。

無利息で借りれる銀行カードローンはコチラ!⇒レイクで即日融資※WEBで簡単申込

消費者金融業者と総量規制

6月 13th, 2013

消費者金融業者は、すべて貸金業者となります。

そのため、貸金業法に伴う融資を行います。

貸金業法とは、総量規制等を指しますが、総量規制とは、個人への融資が年収の3分の1以内という決まりです。

つまり、消費者金融業者では、こうした総量規制に伴い融資を行う会社なので、融資を受ける、キャッシングを利用する方もその部分は認識し利用を検討しなくてはいけません。
消費者金融業者のキャッシングの限度額は、この総量規制により決められるものなので、年収に応じた限度額が設定されます。
☑ 年収300万円 [会社員・他社利用無・勤続5年・独身]
例えば、このケースの場合消費者金融業者での融資は100%に近いだけキャッシングを利用できます。

既婚者より独身の方が、属性レベルが高く勤続年数も短くないのでその部分の属性レベルも高いでしょう。

しかも会社員なので、略収入が安定しています。

また、ローンは他に利用していない場合は尚更属性レベルは高いですし、独身なので自由になるお金もあるとみなされます。

つまり返済能力もあり、経済的にも安定しているとみなされるので、こうした条件の方の融資は総量規制により年収の3分の1以内の範囲でキャッシングが利用できますし、本人が希望しない限り50万円以上の限度額にはなりませんが、50万円ぐらいの利用可能額は設定される可能性もあります。
☑年収400万円 [会社員・他社利用有3件60万円・勤続5年・既婚・子供2人]
このモデルの場合は、既婚者で子供2人という事で、自由になるお金が中々無いと思われます。

年収は先程のモデルよりも高いですが、ローンもありますので、年収の3分の1以内の範囲は130万円未満で融資が可能となりますが、既に貸金業者による借入があるので「130-60=70万円」となります。

まだ総量規制の範囲内なので融資は実現しますが、他社利用3件という場合は、属性レベルとして低くなりますので、消費者金融業者の中でもより審査の柔軟な業者を選択しなければキャッシングの利用は難しくなります。

借り換えは、余裕のある内に行おう

6月 5th, 2013

現在、利用している金融機関より条件の良い所を見つけたら借り換えローンを検討すると思いますが、借り換えローンを申し込むと通常通り審査を受ける事になります。

基本的に金融機関は、他社から借入があると審査は厳しい傾向にあり、容易に審査を通過して借り換えローンを行う事は出来ません。

そうなってくるといつまで経っても高い金利のまま返済を行う事になるので、利息が加算され総返済額も多くなるので、返済期間も長くなります。

そのため、より条件の良い金融機関を見つけたら早めに申込を行いましょう。何故、早めに行う方が良いのかと言うと、借り換えローンが利用出来る事で上記に挙げたメリットを受ける事が出来るためです。実は、金融機関で申込を行うと審査結果に関わらずその情報は信用情報機関へ登録されます。

その期間は、最低でも半年以上と言われています。もし、借り換えローンの審査に落ちてしまうと他の金融機関の申込を考えると思いますが、短期間で複数の金融機関へ申込を行う事は落ちた場合の事を考えると良くありません。

それは、金融機関が信用情報の照会を行う際に短期間に複数の金融機関の審査に落ちている事を知ると、落ちるからには何かしらの問題があるからと思われ審査で大変不利となるからです。

そのため、借り換えローンに対する審査に不安がある人は、各金融機関で相談サービスを設けていることもあるので利用してみる事をおすすめします。

申込を行うと最低でも半年以上記録が残ってしまうので、早く申込を行う事で例え、審査に落ちてしまった場合でも記録を早く消す事が出来て審査に与える影響を少なくする事が出来るのです。

返済する事が苦しくなってから借り換えローンの申込を行うと各金融機関もリスクが高く、融資する事を嫌ってしまうので、希望する形で利用出来ない場合もあります。

また、金利は変動制であるため利用中は他社の金利を定期的に確認することも良いと思います。

定期的に確認して置く事で金利が低くなった時にすぐに申込を行う事が出来るためです。

アイフルでキャッシングしました。

5月 29th, 2013

私は今までの人生でキャッシングを利用した事がありませんでした。消費者金融にはあまり良いイメージを持っていなかったので、お金を借りるという事は出来るだけしないように心掛けてきました。

しかしどうしてもお金が必要なときがあり、仕方ないので消費者金融の中でも私も名前を聞いたことのあるアイフルで借りることにしました。

最近のキャッシングはネットで申し込みをすればすぐに審査結果が出るらしく面倒な手間が無いのでとても便利だなと思いました。

お金を下ろすのも近くのATMで下ろせるので、あまり顔を見られたくない私にとってはとてもありがたいことでした。アイフルは想像していたよりも対応も良かったので今後も利用することがあるかもしれません。

アコムの体験談

5月 28th, 2013

主人が学生の頃、車を購入するのにアコムのキャッシングを利用したことがあります。
車の購入をきっかけに、他にも生活費をまかなうために何度かお金を借りていて総額で200万ほど借りていたと思います。

その後すぐに主人は社会人になったものの、安定した職業ではなかったため給料が少なく毎月の返済が滞っていた時期があったそうです。
主人が働き始めてから一年間ほど毎月の返済額より少ない額しか支払えない時期があったのですが、その際アコムからは厳しい督促の電話や通知もなく大変ありがたかったと言っていました。

その分利子の方が少し高くつきましたが、おかげさまで現在は転職して給料も安定したため無事に完済することができています。
主人は今でも社会人になりたてのことを思い出すと、あのときお金を借りたのがアコムで本当に良かったと言っています。

総量規制とヤミ金融

5月 24th, 2013

多重債務者の特徴として、根源的な欲求や欲望が抑えられず、ギャンブルなどの依存症から次々と借財を繰り返すという事があげられます。

実際、総量規制があって借入にストップがかかっている場合、それでヤミ金融にまで手を伸ばしている方はその前段階の総量規制が無い場合、貸金業の枠内で多重債務者になっている事と思われます。

ある種の方々が消費パターンを改めない限り、それにつけ込むヤミ金融のような存在はなくなりませんし、必ずしもヤミ金の暗躍が総量規制の弊害とは言い切れない部分があります。

また、ヤミ金融についていえば、まず大本に貸金業としての認可を受ける気がさらさら無い業者という事が言えます。最低限認可を取っている業者から借り入れるように心がけるのが正しいでしょう。

バイトで借り換えローン

4月 26th, 2013

消費者金融業者の中には、複数の借入をまとめられる「おまとめ」融資商品や複数の借り入れをまとめられる「借り換え」融資を設けているところもあります。

また、そうしたおまとめ融資等は「利用者の利益につながる」「利用者が有利な融資」となるため消費者金融業者を利用の際にも総量規制に関係なく借り換え、おまとめが出来ます。
いずれにしても借り換えローンは、仕事をしている方ならどなたでも利用出来るので、アルバイトの方ももちろん融資が実現しますし、主婦の方でも仕事をしている方なら借り換えローンの利用が実現します。

当然、派遣やフリーターという方でも基本的に収入があることにより、借り換えは利用できますので「月々の返済が辛い‥」「返せないかも‥」と悩まれている方は、悩むよりもまずこうした借り換えローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
借り換えローンは確実に毎月の返済負担を軽減出来るものと思いますので、金利や条件等をよく比較してより有利な借り換えにつながるローンをご利用ください。